ニュース一覧

お知らせ

2015年6月1日
ビズソフト株式会社

「SSL 3.0」の脆弱性に対する対応について

平素は弊社製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、ビズソフトでは、インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」において脆弱性が発見されたことを受け、
2015年6月1日よりセキュリティ向上の観点からインターネット通信方式に「SSL 3.0」を利用しないよう設定を変更いたしました。
この設定の変更により、お客様のご利用のブラウザやセキュリティ設定によっては、下記「ヘルプ」「Q&A」「ビズ・ウェブ」「マイページ」などのサービスがご利用いただけません。

  • お問い合わせ(Web)
  • 製品のバージョンアップ
  • ビズソフトダイレクト(ソフトウェア)
  • ビズソフトダイレクト(サプライ用品)
  • あんしんデータお預かりサービス
  • あんしん見積り送付サービス
  • 郵便番号辞書
  • ヘルプ
  • Q&A
  • ビズ・ウェブ
  • マイページ  など

現在、ページが表示されない場合やサービスがご利用いただけない場合は、次の手順でInternet Explorerの設定をご確認ください。


手順

1.弊社製品をすべて終了します。
2.Internet Explorerを起動し、メニューバーの[ツール]から[インターネットオプション]をクリックします。
3.[インターネットオプション]ダイアログが表示されるので、[詳細設定]タブをクリックします。
4.「設定」の[セキュリティ]のカテゴリから「SSL 3.0を使用する」のチェックを外し「TLS 1.0を使用する」、
 「TLS 1.1を使用する」および「TLS 1.2を使用する」にチェックを付けます。

 
 ※Internet Explorerのバージョンにより表示されるTLSのバージョンが異なります。

5.[OK]ボタンをクリックします。
 作業は完了です。
 パソコンを再起動してください。

<マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 3009008>
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/3009008.aspx

以上