サポートセンター /
受付時間 / 午前 9:30~12:00 午後 13:00~17:00 (土日祝日、及び弊社休業日を除く)

「持続化給付金」の申請に必要な情報について

《こちらのページで案内する内容は、2020年6月11日現在のものです》



持続化給付金とは

感染症拡大により、昨年と比べて事業収入が50%以上減少している
月がある場合に、中小法人等には200万円以内、
個人事業者等には100万円以内の給付金が支給される制度です
ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限となります

それぞれの給付金



給付対象と給付額の算出方法

  • ひと月の売上が、前年の同じ月と比べて50%以上減少している事業者
  • 2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者
  • 法人の場合は、
     ①資本金の額又は出資の総額が10億円未満、又は、
     ②上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2000人以下
    である事業者
※2019年に創業した方や売上が一定期間に偏在している方などには特例があります
※一度給付を受けた方は、再度給付申請することができません
※詳細は、申請要領等をご確認下さい

対象月



申請に必要な書類

中小法人などの場合
①確定申告書類
②2020年分の対象とする月(対象月) の売上台帳等
③通帳の写し

個人事業などの場合
①確定申告書類
②2020年分の対象とする月(対象月)の売上台帳等
③通帳の写し
④本人確認書の写し

給付金
どちらの場合も、②の書類をツカエル会計・ツカエル青色申告でご準備いただけます
ぜひ下記に案内する手順をご参照ください




下記のページも必ずご確認ください

・持続化給付金の詳細については、経済産業省のページをご覧ください
・持続化給付金の申請については、中小企業庁のページをご覧ください






持続化給付金申請に必要な対象月の検索方法と試算表の出力方法

ツカエル青色申告・ツカエル会計をご利用のお客様は、下記手順にて申請に必要な情報をご確認いただけます
※画面はツカエル会計ですが、操作は同様です


STEP1

ナビゲーションバーの
[集計]→[試算表(前期比較)]をクリック

ヘルプマーク
左側にナビゲーションバーが見当たらない場合、
画面左上の[…]マークをクリックしてください

メニューバーが見当たらない場合

前期比較のクリック



STEP2

損益計算書タブを開き期間の各月をクリックし、
「売上高」の「増加率」が-50%以下の月を探します
選んだ月が給付額を算出するために必要な対象月となります
-50%以下の月を探す



STEP3

対象月を決めたら、
「要約」にチェックを入れプリンターのマークをクリックします

ヘルプマーク
該当月の売上の取引が1件も無い場合、
右上にある「ゼロ非表示」のチェックを外してください
ゼロ表示のチェックを外す

要約にチェックを入れる



STEP4

出てきた画面で出力対象として
「損益計算書」にチェックを入れます
下部の[印刷(F12)]をクリックして印刷をします

ヘルプマーク
PDF形式で出力したい場合、
Windows10をご利用のお客様は、[プリンタ]の[名前]の一覧に
「Microsoft Print to PDF」があれば、
こちらを選択していただくことで、PDF形式での出力は可能です
または、ご利用のパソコンにPDF変換ソフトを導入されている場合、
[プリンタ]の[名前]で導入されているPDF変換ソフトのドライバを
選択することで、PDF形式で保存することができます

印刷する






下記のページも必ずご確認ください

・持続化給付金の詳細については、経済産業省のページをご覧ください
・持続化給付金の申請については、中小企業庁のページをご覧ください