サポートセンター /
受付時間 / 午前 9:30~12:00 午後 13:00~17:00 (土日祝日、及び弊社休業日を除く)

2019年11月26日
ビズソフト株式会社

「金融機関連携サービス」をご利用のお客様へ

平素は、弊社製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
Windows7を利用しているパソコンで動作する該当製品において、Windows7の設定により、[金融機関連携サービス]ウィンドウ左上の[金融機関データの更新]を選択すると下記エラーが表示され、 金融機関データの更新を行うことができないことを確認いたしました。

Windows7で下記該当製品をご利用いただいているお客様で、[金融機関連携サービス]での金融機関データの更新を行うことができないお客様は、お手数ですが、以下の方法でWindows7の修正プログラムを適用し、金融機関データの更新を行うことができるかご確認をお願いいたします。

該当製品

  • ツカエル会計
  • ツカエル青色申告
  • ツカエル現金・預金出納帳(for BANをご利用のお客様のみ)

手順

Windows7を最新の状態にする

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]をクリックします。
  2. [Windows Update]をクリックします。
    ※表示されていない場合は[システムとセキュリティ]→[Windows Update]をクリックします
  3. [更新プログラムの確認]をクリックし、[利用できる重要な更新プログラムはありません]と表示されるまでWindowsの更新プログラムを実行してWindows7を最新の状態にします。
    Windows7の更新プログラム実行についての詳細は下記URLをご参照ください。

    <Windows Update の利用手順 Windows 7 の場合>
    https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win7/

Windows7の修正プログラムの適用

  1. 下記マイクロソフトサポートページより、「簡単な解決策」にある[Download]ボタンをクリックし、修正プログラムをダウンロードします。

    <WinHTTP が Windows での既定のセキュリティで保護されたプロトコルとしてTLS 1.1 および TLS 1.2 を有効にする更新プログラム>
    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3140245/update-to-enable-tls-1-1-and-tls-1-2-as-default-secure-protocols-in-wi#easy
  2. ダウンロードした修正プログラム「MicrosoftEasyFix51044.msi」を実行します。
  3. 「簡易修正ツール」の画面が表示されたら[同意する]にチェックを入れて[次へ]をクリックします。
  4. 修正プログラムが実行されるので、完了画面が表示されたら[閉じる]をクリックします。

修正プログラムの適用後、[金融機関連携サービス]ウィンドウ左上の[金融機関データの更新]より、金融機関データの更新を行うことができるか確認してください。